資産運用

初心者必見!資産運用で大事なポイントとおすすめの運用方法

資産運用で重要なポイント

投資・運用をする人が増えてきており、従来の株やFX、不動産投資だけでなく、様々な金融商品が溢れています。

NISAやiDeCoなどの仕組みも複雑化してきており、投資の知識やノウハウを売りにするような人も増えてきましたが、大前提としてほぼ全ての人に共通する最も重要なポイントがあります。

 

資産運用は長期・安定

こそが最重要です。

 

巷に溢れる投資の話は、「どの株が上がりそうか」といった短期的な話や、小手先のテクニックなどが多いですが、大前提として「長く続けられて、安定的に増やしていける運用方法かどうか」を見落としてはいけません。

 

ここでは、誰でも「長期・安定」で運用できる方法として有力なヘッジファンドについてその魅力やポイントを整理して解説していきたいと思います。

 

将来的に大きな資産を形成したい(「1億円の資産を作ってFIREしたい」など)と考えている人の中には、年10%、20%とドンドン資産を増やしたいと考えている人もいるかもしれません。

 

ですが、世界の金融の歴史を見る限り、投資のプロであってもパフォーマンスは年15-20%程度が限界です。

個人の投資家であれば、年5%前後が安定的に資産形成できる目安となります。

「年5%」を大したことないと感じる人もいるかもしれませんが、長く安定的に運用することで十分に資産形成をすることができます。

 

長期運用するときのポイントは複利で運用することです。

仮に1,000万円を元手に運用したとして、10年後、20年後、30年後に資産がどのように増えるのかシミュレーションしてみましょう。

(万円) 1年後 5年後 10年後 20年後 30年後
リターン 50 60.7 77.6 126.3 205.8
総利益 50 276.2 628.9 1,653.3 3,321.9
資産 1,050 1,276.2 1,628.9 2,653.3 4,321.9

 

複利で積み立てていけば、年5%のパフォーマンスでも、30年で資産を4倍以上に増やすことができます。

30年で4.3倍=年14%のパフォーマンスと同じです。

 

このように長期できちんと運用すれば、パッと見は小さなパフォーマンスでも十分な資産形成につながります。

特に若い人こそ、長期で安定してコツコツ運用することを心がけましょう。

 

初心者にヘッジファンドがおすすめの理由

長期・安定してコツコツと確実に資産形成するのにはヘッジファンドがおすすめですが、それには大きく3つの理由があります。

 

ヘッジファンドでの運用は、特に投資初心者にこそおすすめです。

ここではヘッジファンドがおすすめできる3つのポイント

  • プロの運用
  • 高いパフォーマンス
  • 運用委任

について解説していきます。

 

ヘッジファンドとは

ヘッジファンドの良さについて解説する前に、そもそもヘッジファンドがどんなものなのか解説しましょう。

 

ヘッジファンドは、投資によって資金を増やすことを事業としている、資産運用の専門機関(会社・組織)です。

自己資金に加えて、出資者(投資家)を募り、集めた資金をまとめて運用することで、より大きな投資成果を追求する、資産運用のプロ集団と言えます。

 

投資家は、ヘッジファンドに資産を預けることで、ファンドに運用を任せ、手数料と引き換えに、投資のプロによって得られる高いリターンを受け取ることができます。

 

 

スタート即プロレベル

ヘッジファンドがおすすめの最も重要なポイントは、

投資すれば、誰でも即プロと同レベルの運用成果が得られる

点にあります。

 

しっかりと資産形成していくには、まずは投資を学ぶところから始めなければいけません。

今は、ネットでもノウハウやHOW TOを色々と知ることができますが、ちょっと調べたくらいで簡単にできるようになるほど投資は簡単ではありません。

 

いろいろなものに投資しながら少しずつ経験を積み、その中で勝ったり負けたりを繰り返しながら知識を身につけていく必要があります。

そもそも、数字や勉強が苦手な人たちもいるでしょう。

 

そんな人たちでも、ヘッジファンドを活用すれば、投資を初めて「即」プロと同様のリターンを得ることができます。

厳密には手数料がかかりますが、その分を差し引いても、プロと同レベルの「安定したパフォーマンス」が発揮されるのは大きなメリットです。

 

「投資に興味があるけれど、よくわからない」
「勉強が苦手、自分でやる自信がない」

という人にこそヘッジファンドはおすすめできます。

「投資の勉強」という意味でも、ヘッジファンドには大きなメリットがあります。

ヘッジファンドに投資して出資者の1人となれば、そのファンドが具体的にどんな運用をしているのか、どのように銘柄選定〜売買の判断等をしているのかを知ることができるためです。

一般的なヘッジファンドは、運用の詳細を投資家にレポートします。

 

そのため、自分自身で運用している人たちの中にも、ヘッジファンドの手法や考え方を学ぶためにファンドに出資している人も数多くいます。

 

専門性が高く再現性がある

投資のプロであるヘッジファンドは、高いリターンだけでなく「安定したパフォーマンス」が期待できるというメリットもあります。

 

ヘッジファンドは、様々な金融理論や分析手法を駆使し、より確実に安定して運用することに長けています。

また、ヘッジファンドはその専門性を駆使して、高いパフォーマンスが期待できることでも知られており、平均年7~10%程度(=10年で約2倍)の実績があります。

つまり、手数料を差し引いても、当初の目標通り「年5%」程度の十分なリターンが期待できるのです。

出典:日銀レビュー 最近のプライベート・エクイティ・ファンドの増勢について

運用の手法や考え方はファンドに様々なので、全てのファンドが安定しているとは限りません。

ほとんどの健全なファンドは、事業拡大のため「長期・安定して継続できる運用」を心がけているはずですが、中には短期的に大きなリターンを狙うギャンブル的なファンドも存在します。

 

ヘッジファンドを選ぶ際には、そのファンドがどんな運用をしているのか、しっかりと見極めるようにしましょう。

 

まとめてお任せなのでラクチン

最後に、私たち投資家の手間や労力が少ないというメリットがあります。

見落とされがちなポイントですが、ヘッジファンドであればファンドに運用を任せることになるため、自分たちでいろいろと調べたり分析したりする必要がありません。

 

これは、軽視されがちですが、非常に大きなメリットです。

仮に、自分自身で全て運用する場合、株価は常にチェックしなければいけませんし、株価に影響を与えるような経済ニュースは必ず確認しなければいけません。

一般的に確認するべき情報には以下のようなものがあります。

  • 日々の値動き、出来高
  • 投資している会社のプレスリリース、決算情報
  • 投資先の関連会社、競合、取引先の情報
  • 投資先に関する新技術やニュースなど
  • 経済政策に関わるニュース全般
  • 金利や雇用統計といった、各種指標

etc.

 

これは非常に大変です。

大前提として、金融についての知識や理解が必要なことはもちろんですが、仮に知識があったとしても、日々更新される様々な情報を常にキャッチアップし続けるのは並大抵のことではありません。

 

加えて、これらの情報を元に、自分自身の頭であれこれと分析・判断をして、投資(売買)の意思決定をする必要があります。

 

これらの煩雑な手間や労力を丸投げし、一任できることもヘッジファンドで運用する大きなメリットです。

バリバリと働いて、自分の時間や家族との時間を大事にしたいというビジネスマンにもヘッジファンドは適しています。

実際、投資が上手くできない原因が「投資に充てる時間が足りない」という人は少なくありません。

きちんと投資して安定してパフォーマンスを出し続けるには、知識だけでなく時間や労力も重要なポイントです。

 

ヘッジファンドに支払う手数料(コスト)は、専門家・プロに一任しているというだけでなく、日々の労力にも対価を払っていると考えると決して高くはないでしょう。

 

ヘッジファンドで運用するときの注意点

ここまでヘッジファンドの良い点ばかりを解説してきましたが、運用の際には注意するべきポイントもあります。

 

まず、大前提として、ヘッジファンドは投資会社であり、確実なリターンが保証されているものではありません。

優秀なファンドであれば、ほとんどマイナスになったことがなかったり、過去の実績から確実なリターンが期待できるようなものもありますが、決して元本保証ではないという点には留意してください。

どんなに優秀なファンドでも、少なからずリスクはあります。

むしろ「元本保証で確実に増える」などと営業しているファンドは、虚偽あるいは詐欺の可能性もあるので注意してください。

 

また、ヘッジファンドは、「私募(自社での直接募集)」であり、証券会社などで公に取り扱いがあるわけではありません。

そのため、投資家の募集にも制限があり、出資を受け付ける金額にも最低ラインが設けられています。

 

国内ファンドの比較的小規模なファンドでも「最低1,000万円」は見積もっておく必要があります。

プライベートバンクを通じて投資できるような海外ファンドの場合、「最低1億円〜」「禁輸資産5億円以上」といったハードルも珍しくありません。

 

最後に、非常に残念ではありますが、ヘッジファンドを名乗り、投資をうたった詐欺をする怪しい組織があることは否定できません。

ヘッジファンドの多くが、私募であり大々的に情報発信をしていないのを逆手に取り、それっぽい宣伝文句で投資家から資金を騙し取ろうという人たちもいるので十分注意してください。

 

そのファンドがきちんと信頼できるファンドかどうかは、ネットの評判や雰囲気に惑わされることなく、必ず自分自身の目で見て判断することが重要です(ネットの記事にこんなこと書くのもあれですが…)

様々な角度から検証し、きちんと運用している実態がある、信頼できるファンドかどうかを確認するようにしてください。

 

まとめ

ここまでの内容をまとめると以下のようになります。

まとめ

資産運用のポイント

  • 長期・安定が大前提
  • 年5%の利回りで十分

ヘッジファンドがおすすめのポイント

  • プロに任せるから誰でも安心
  • プロの技術で安定して高いリターンが期待できる
  • 手間もかからず長く続けやすい

ヘッジファンドの注意点

  • 元本保証ではない
  • 最低1,000万円が目安
  • 運用実態のない詐欺に注意

 

このようにぜひ一度全ての人に検討して欲しいヘッジファンドですが、日本にはあまり数も多くなく「具体的にどんなファンドがあるのかわからない」という人も少なくないでしょう。

そこで、最後に様々なサイトでもランキング上位に評価されているファンドBMキャピタル(BM CAPITAL)を紹介します。

 

注目ファンド紹介

BMキャピタル(BM CAPITAL)は日本株式で運用する国内のヘッジファンドです。

「バリュー投資」という会社の資産価値に着目する運用手法を駆使し、「リスクを抑えて確実に資産を増やす」という方針で運用しています。

会社の資産価値に着目し、割安な銘柄に投資する手法は、値崩れによる損失のリスクが小さく、長期的な資産形成に適していると言われています。

 

低リスクで安定して運用するという方針でありながら「平均年5~10%程度」の実績があり、コツコツ運用するには十分すぎるリターンも期待できます。

 

最低出資金額は「1,000万円」に設定されているため、ヘッジファンドの中では比較的はじめやすいレベルでしょう。

 

運用実態についても『BMキャピタルは本当に運用しているのか?ヘッジファンドの実態を検証する』で確認できているので、安心して信頼できるファンドと考えられます。

 

手数料や詳しい契約の内容などは公開されていませんが、公式ページから問い合わせ、資料請求すればきちんと説明が受けられるようです。興味のある人は、ぜひ問い合わせてみてください。

 

ファンド概要

名称 ビーエムキャピタル合同会社
英名 BM CAPITAL LLC
所在地 〒106-0032 東京都港区六本木7-18-1
事業目的 (1)金融商品取引法に基づく有価証券及びデリバティブ取引
(2)各種事業への投資
(3)有価証券の自己募集
(4)経営コンサルティング業務
(5)前各号に附帯する一切の業務

参考:BMキャピタルHPより